脊柱管狭窄症中高年で増える症状|保存治療が有効的

hospital

中高年に多い腰の疾患

脊柱管狭窄症を治療したい人のために情報が整理されています。病気について知らなければ苦しいので、よく調べることが大事です。

原因を究明して丁寧にケアをしてくれます。鼠径ヘルニアの手術を専門としている医療機関はこちら。色んな人から信頼が寄せられています。

退行性変性が基盤です

doctor

腰は人間の身体のなかでも、力学的に力が集中する場所であるために、多くの人がよく傷める部分です。そうした腰の疾患のうち、近年特に増加しているのが、腰部脊柱管狭窄症になります。背骨の内部には、神経細胞の塊である、脊髄が通っていますが、それを納めるのが脊柱管です。その腰部の脊柱管の容積が、何らかの原因によって、狭くなったものを腰部脊柱管狭窄症と呼んでいます。腰部脊柱管狭窄症を発症は、中高年を迎えるようになると、急速に増加する傾向があります。この年代というのは、椎間板の変性や、骨棘や靭帯の骨化などが同時に起こり始める時期です。したがって、腰部脊柱管狭窄症は、中高年以上の退行変性が基盤となる特徴があります。

効果を発揮する方法

このような腰部脊柱管狭窄症の治療法は、手術治療も存在しますが、保存治療が基本です。保存治療の中で、現在よく行われているのが薬物治療です。なかでも、腰や下肢の痛み対しては、非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服が、広く用いられています。しかし、非ステロイド性消炎鎮痛剤には、胃腸障害の副作用が生じやすい特徴があります。そこで、胃腸障害を和らげる薬を、一緒に処方することが一般的です。もちろん、非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服だけでは、治療効果が発揮できないことがあります。そうしたときに用いられることが多いのが、ブロック注射です。ブロック注射の場合には、原因となる神経に近い部分に、治療を行うことが可能です。このように、腰部脊柱管狭窄症の薬物治療は、組み合わせて行うと、効果を発揮し易くなります。

睡眠時無呼吸症候群の疑いが見られるなら、即病院での診断を受けましょう。多くの人が利用している理由は、治療効果の高さにありますよ。

通院以外でも出来る事は

女性

腰部脊柱管狭窄症の治療は、通院以外でも行う事が出来ます。治療の目的は、腰部のこわばった筋肉をほぐし、そして筋力を付ける事です。手軽に取り組める方法として、腰痛体操と筋トレがあります。

Read More...

通院で行う保存療法には

肩こり

薬物治療や物理療法は、脊柱管狭窄症により一度狭窄した脊柱管を拡げ症状の改善を図るのではなく、薬や温熱、牽引によって筋肉の強張りを軽減させ血行改善を図り、疼痛を軽減させる事が一番の目的になります。ですから継続して治療を行っていく事が一番大切なことです。

Read More...

どんなものなのか

女性

腰からくる症状などには脊柱管狭窄症があります。これは世間ではあまり知られていない事でしょう。この脊柱管狭窄症の症状になるまでにはさまざまな原因によってなりうるのです。その原因についてを把握しておきましょう。

Read More...